発達障害グレーの子供に読みたい!読み聞かせ絵本

我が家には発達障害グレーの息子がいます。発達支援の先生や臨床心理士さんに話を聞いてもらいながら幼稚園に行っています。毎日起きる子供のつまずきに寄り添い、よりわかりやすく伝えることは出来るのか。小さい頃から積み重ねてきた読み聞かせを通して、絵本の理解度含め絵や文章など息子のメリットデメリットを交えてレビューします。

【CAT】読み聞かせてわかったこと!頑丈なら仕掛け絵本?おしゃれな一冊!

今回紹介するのは、


f:id:harinezumisou:20160127121316j:image


【CAT】

みたまんま、まずはおしゃれ。


読み聞かせてみてわかったことは、


よく、しかけ絵本でのあるあるな点、


動かなくなる
引っ張りすぎて破ける


ということは割と無いかと。

紙の厚さが程よくあるため、しかけが頑丈です。

しかも、引っ張る、という仕掛けよりもサコっと押す仕掛けが多いので、子供が力任せに引っ張る、ということは回避できました。

でも、力任せに引っ張っちゃうようなやんちゃな子供がこの本を好きかどうかというのは好みが分かれるところ。



うちのやんちゃっ子は、すぐさま興味が薄れていきました。

実写だし、猫だし、

女の子で猫が好きな子なら買いなのかもしれません。


ウチのは気に入ったのは仕掛けだけのようで、たまにサコサコ押すだけで遊びます。



最後のページには33種類の猫の写真が。
耳が下がっていて、しっぽが、、なんて書いてあるわけでは無いですが、ざっくりなんとなく特徴がわかって、区別がつきます。


これは、、、作りはしっかりしてるんで、不安は少ないんですが、

何せ2,200円という高額絵本。

仕掛けはわりと大人でも「おおー」と思うのですが、2,200円というのを考えるともう少し仕掛けが欲しいかなー、というところ。



ということを踏まえて!


読み聞かせやすさ ★
子供が進んで読む ★★★★
学びやすさ ★      
頑丈さ ★★★★★
寝かしつけ向き         
大人も楽しい ★★★
おしゃれ ★★★★★
斬新さ ★★★★★
定番                            



こんな感じにまとめてみました。

まず、文字がそんなにないですから、読み聞かせやすいのかと思いきや、得てして仕掛け絵本は読み聞かせやすいわけはないのです。
読んでる側から仕掛けに夢中。
ということで、寝かしつけには向かないけど、子供は進んで読んでくれます。


うちでは、寝る前に自分で4冊本を選ばせるのですが、そのレギュラーには入りません。
読んでもらいたい本と読みたい本は違うのですね。


頑丈な仕掛けなので、わりと小さな子にも大丈夫かも。

1歳から4歳、5歳でも大丈夫そうな感じ。

でも1歳だと仕掛け絵本はやぶけるの覚悟で500円くらいの小さなポップアップで様子見が妥当だと思います。


シャレオツな絵本で斬新さはあるので、ナチュラル志向な木の家にはあるイメージ。
 
やはり決め手は値段かと。
この値段は、仕掛けの作りに支払うもので、子供の学に結びつく対価ではないかな。

子猫を可愛がる心を会得させるのではなくて、
おしゃれな仕掛け絵本で遊ばせたい用途での購入なら申し分ありません。



どこにも属さない絵本選びの本だと思ってくれたらいいです。

絵本ってたくさん子供に世をであげたくなるんだけど、本屋さんには本当にたくさんあるんですよね。


「子供に読むならこれ!絵本100選」的なものはあるんだけど、それすら金出して買うのってどうなの?



ということで、姉家族からのお下がりや私自身の本好きからなる、少し下世話な絵本レビューしたいなぁと思っています。



さらにいうと、我が家には発達障害グレーの息子がいます。 現在年中さん。 発達支援の先生と臨床心理士さんに話を聞いてもらいながら、幼稚園に並行して通わせてもらっています。 そうすると、やはり集団生活にて起こるちょっとしたトラブル。 なぜ?を抱える息子に寄り添い伝えやすい言葉でどうにか伝えられないか。 絵本を通して双方の理解を深めたいと思っています。 とはいえ、堅苦しいことを書いていくわけでなく、


よくオススメレビュー雑誌だと、いいことしか書いてないのですが、


名作「てぶくろ」を読み聞かせしたばっかりに、私の手袋に動物フィギアめっちゃ詰められて手袋破壊されたとかの弊害はあるんですよ。


でも「いれて」といったら入れてくれるようになったとかね。


そういうメリットデメリットとかをレビューしたいです。


では、よろしくお願いしますー。